社員への取り組み

一般事業主行動計画の推進について

昭和オプトロニクス株式会社は、次世代育成支援対策推進法に基づき「一般事業主行動計画」を推進しています。

次世代育成支援対策法とは
次代の社会を担う子供たちが、健やかに生まれ育つ環境の整備を行うための法律です。
一般事業主行動計画とは
企業が、社員の仕事と子育ての両立を図るための雇用環境の整備や、子育てをしていない社員も含めた多様な労働条件の整備などを行うために策定する計画です。

昭和オプトロニクス株式会社 一般事業主行動計画

  1. 計画期間  平成29年4月1日~平成32年3月31日までの3年間
  2. 計画内容
    目標1
    子育てを行う社員の育児と仕事の両立を支援するための労働環境の整備
    目標2
    育児・介護休業法に基づく育児休業などの両立支援制度および社内制度の周知
    目標3
    子育て支援の観点から従業員の家族に対し、「家族向け会社見学会」の実施

家族会社見学会を開催しました(2017.4.4)

2017年4月4日に、社員のご家族を招いた「家族会社見学会」を開催しました。

ご家族に仕事への理解を深めてもらうことを目的としたもので、今回で4回目になります。お父さんお母さんの会社を訪れた子ども達は、工場内の初めて見る設備や機械に目を輝かせ、会社の製品を使った実演を体験することもでき、終始笑顔でした。また、お子さん以外のご家族からも「家族がどのような仕事をしているのかをよく知ることができ、安心できます」とのお言葉も複数頂戴しました。
この見学会をきっかけに、さらに家族のつながりが深まったことと思います。


このページのトップへ